良質な【魚の油】

スポンサードリンク

魚の油が良い理由

スポンサードリンク

魚を食べることは便秘解消に良いとされています。
栄養的にはタンパク質の魚は、普段から食べたいものです。
日本人の食生活に、以前は豊富であった魚料理も、最近は食べ機会が減っています。
そこで、あえて便秘の方にこそ、魚を食べることで、快便生活を送ることができます。

 

魚の何が良いか?というと、油です。
魚にしか含まれていないDHA、EPAという不飽和脂肪酸が便秘に良いとされています。
具体的には、腸内の潤滑油として働くことから、排便を促すとされています。
タンパク質は魚から、それも便秘解消に良いということであれば、毎日食べて欲しい食材です。

肉の油との比較

魚の油と肉に含まれる脂肪は全く異質のものです。
肉の油や脂肪は、そのまま体の脂肪になってしまうもので、多く摂り過ぎることで悪玉菌の餌になってしまいます。

 

しかし、魚の油はそんなことはありません。
摂り過ぎることでは排出されてしまいますし、脂肪と言っても体に良いものですから、肉のものとは別物とお考えください。
体に良い油として、健康に寄与します。

焼き魚でも刺し身でも

魚は海のものですから、ミネラル類も豊富です。
便に水分を吸収させる働きもあり、ビタミンも豊富で、これだけでも便秘解消の手助けをします。

 

もちろん肉のタンパク質も必要ですから、毎日の食卓で肉と魚のバランスを考えた献立を作ることをお勧めします。
この場合の魚は焼き魚、刺し身でも有効です。
できれば、ばっかり食べではなく、バランスをとった内容にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

良質な【魚の油】関連ページ

【オリーブオイル】の効果
オリーブオイルはオレイン酸で、腸内に入ると食べかすなどに付着します。 食べかすなどにオリーブオイルがつくことで、ツルツルとしたものになって排便を促進すると言われています。 また、食物繊維が豊富です。
【食物繊維】が効く!
食物繊維が便秘に良いというのは多くの方に知られていることです。 俗に言われるのは、食物繊維を食べると腸内環境を正常にして、良い方向に整えるとされています。 毎日食べたい食物繊維ですが、理想摂取量は1日25gです。
【ファイバーインデックス】とは?
ファイバーインデックスとは食物繊維の指標のこと。これは食品100g中に含まれるカロリーと食物繊維の比率を数字化したもので、カロリー÷食物繊維量で求めることができます。 ファイバーインデックスの数値が小さいほど、食物繊維が豊富な食品と言えます。
【植物性乳酸菌】が腸に効く!
乳酸菌は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌が存在します。 どちらも、胃酸に負けずに腸まで確実に届くことで、腸内細菌のバランスをよくする働きがあり、便秘を解消します。 日本人の場合、この植物性乳酸菌を以前から摂取する機会が多いとされています。
【抗酸化物質】の力
抗酸化作用というと、体のサビを付けない効果と言えます。人間の体は、酸素を摂り入れてエネルギーを作っていますが、その過程で活性酸素を作ります。あまりに多いことで、体にサビをつけます。
大切な【水分バランス】
便秘になってしまうということは、水分の存在が不可欠です。 老廃物と水分のバランスが不均衡になっていることから、水分が少なければ便秘になり、多すぎることで下痢の症状になってしまいます。 便秘は、腸のぜん動運動が低下することが原因です。
【マグネシウム】は腸にいい
マグネシウムは便秘薬にたいてい入っていて、とても効果が高いとされています。同時大腸ガンのリスクを下げる効果も。マグネシウムのことを語るときにはカルシウムのことを外す事はできません。
【和食】の力
和食は世界遺産にも登録されました。 見た目の美もありますが、実は体にとても優しい食べ物とされています。 特に腸に対しては、腸内環境を良くして、余計な負担をかけないと言われています。
腸に良い【ハーブ】
ペパーミントは別名ハッカとも言います。 昔から存在しているものですが、実は古代エジプトの時代には、すでに人間が食していたとされています。 それも胃薬だったり、シップ代わりに体に貼っていたというのですから、すごい存在です。
【ストレスとリラックス効果】
自律神経は神経を過敏にしますが、そのことが腸の働きを悪くするとされています。悩みごとがあると胃が痛む方が多いですが、これもストレスです。
【入浴方法】で改善
腸内環境を良くするため、腸のマッサージをすることをお勧めします。半身浴で体を温め、腸の周りを時計周りに回します。ゆっくりと行なうことで、腸が刺激されて、便を排出しやすくします。

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く