あなたの便秘のタイプは?

スポンサードリンク

便秘の種類と特徴

スポンサードリンク

便秘には様々なタイプがあります。
大きく分けると、ずっと続いている慢性便秘と、一時的になる急性便秘に分けられます。
そしてそのタイプによって対処法に違いがあります。ですから自分の便秘がどのタイプか知っておくことが、スムーズな排便につながるのです。

 

また、「便が軟らかくなった=便秘が治った」とは言えません。
便が軟らかくても残便感があったり、スムーズに出せなかったりするときは、便秘が改善されていないのです。

 

では便秘の種類と特徴を見てみましょう。

 

 

 

   / 慢性便秘

/ 弛緩性便秘(結腸性便秘) 【腸のぜん動運動が弱くなることでおこる】 
便秘の原因大半はこれ。おなかが張って苦しい人はこのタイプかも。加齢者や腹筋の弱さが原因で、高齢者や若い女性、運動不足の人に多いとされています。

 

/ 直腸性便秘 【脳に排便のサインが送られにくいことで起こる便秘】 
何日も便意を感じない人は、このタイプかも。日常的に便意をがまんするなど、脳からのサインを無視してしまうことが原因。

 

/ けいれん性便秘 【腸の動きが過敏になり、けいれんした状態になる】 
他の2つの慢性便秘とは逆に、大腸のぜんどう運動が強すぎるために起こってしまいます。便秘と下痢を繰り返したり、便がコロコロとして形状の人は、けいれん性べんぴの可能性があります。

 

/ 症候性便秘 【何かしらの病気が原因でおこる便秘】 
腸内や腸の周辺に病気がかくれている可能性があります。便秘以外に体の不調がある場合は要注意。すぐに病院で診断してもらいましょう。

 

 

   / 急性便秘

/ 一過性単純性便秘 【環境が突然変わるなど、一時的なストレスが原因】 
ある一定の期間だけ便秘になるのがこのタイプ。そのため原因がとりのぞかれ、便秘が解消すれば心配ありません。

 

/ 症候性便秘 【腸内や腸の周辺に関する病気が原因】 
慢性の症候性便秘と同じく、急に便秘になるほか、おう吐や腹痛などの症状を併発することもあります。医師の診察を受けましょう。

 

 

   / 症候性便秘に注意!

 

症候性便秘は他の病気が原因で起こる場合があります。以下の病気の疑いがありますので、必ず病院で診察を受けてください。

 

腸ねん転・腸閉そく・腸ポリープ・腸官癒着症・直腸ガン・甲状腺の障害・大腸ガン・うつ病 など

ダブル便秘の人は多い!

便意が起きるのが週に1〜2回、せっかく便意が起きても外出先だったりしたらガマン、おまけに運動不足も重なり、弛緩性便秘と直腸性便秘のダブル便秘の状態になっている人も多いようです。
このサイトで紹介している解消方法をぜひ試してみてください!
あきらめないで、べんぴかいしょうに努力してみましょう!

スポンサードリンク

あなたの便秘のタイプは?関連ページ

便秘を引き起こす6大原因
便秘に長年悩んでる方は多いと思います。食生活や生活習慣そしてストレスなど便秘を引き起こす要因はさまざま。肌荒れ・肩こり・口臭そして痔や大腸ガンなど怖い病気を引き起こす便秘。ここでは便秘解消の方法を紹介します。スッキリ便秘を直そう!

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く