Q&A

スポンサードリンク

スポンサードリンク

「便秘=腸内環境バランスの崩れ」であり、便秘は自律神経の働きと密接なつながりがあることが重視されるようになってきました。
自分で下剤を飲んで腸内環境を乱し、下剤なしでは出せないようになってしまう人も多いのですが、それも自律神経のバランスが整えられれば解決してくれるのです。

 

 

自律神経と腸の関係
自律神経は、交感神経と副交感神経を合わせた神経ですが、交感神経は車に例えるならアクセル。この働きが高まれば活動的で興奮モードとなります。
一方、副交感神経は車でいえばブレーキ。これが働くとリラックスモードでゆったりとした気分になります。

 

呼吸や消化・吸収など、人間の基本的な生命活動も、この副交感神経が司っています。
そして心と体が最も良い状態で働くのは、この交感神経と副交感神経の両方のバランスが安定している時です。

 

 

バランスを整えるカギを握る「腸」
自律神経のバランスを整えるカギを握るのが「腸」であることはあまり知られていません。
特にストレスの多い現代社会では、自律神経のバランスを安定した状態に保つのは至難の業。
どうしてもバランスが乱れ、多くの場合交感神経が優位に働いてしまいます。
これが便秘の大きな原因のひとつであり、仕事やスポーツのパフォーマンスが上がらないといったデメリットにつながります。

 

 

腸を整えることでさまざまなトラブルを解決していくことになります。
「腸が健康になれば人生がうまくいく!」
ここではQ&A方式でわかりやすく解説してゆきます。
便秘解消に、ぜひお役立てください。

スポンサードリンク

Q&A記事一覧

一日でも出ないとおなかが張る感じで苦しい…

排便後のお腹の張りは、不調のサイン三〜四日出なくても何とも感じない人もいれば、一日出ないだけでつらく感じる人もいます。ただし、お腹が張るなどの不調、違和感を感じるようなら便秘以外の病気の可能性もあります。排便後も、お腹の張りが続くようなら、一度診察を受けたほうがいいです。女性の場合は生理前後には、便...

≫続きを読む

どれくらい出なかったら病院へ行くべき?

便が腸内に溜まったままになると…一週間以上便が出ない状態が続くようなら、病院へ行くことをお勧めします。また、排便時に痛みや違和感があったり、いつまでもお腹の張りが続くような場合も、専門医に相談してください。便が腸内に溜まったまま時間がたつと、腸内で腐敗し、便やおならから異常なニオイがしてきます。その...

≫続きを読む

便秘と下痢を交互に繰り返すときは?

便秘の期間のほうが長い場合こんな時は、便秘が解消されるときに、腸に長く滞在して硬くなった便だけではなく、まだそれほど長期滞在していない便まで排出されてしまうのです。この場合、出てしまえばスッキリしてしまいます。その後、便秘にならないように腸内環境を整えるように気をつけて下さい。腸にあまり問題がない時...

≫続きを読む

大腸ガンになりやすいのでしょうか?

便秘になりやすい人はガンに…長年言われている、「便秘になりやすい人は、ガンになりやすい」という科学的証拠はありません。しかし、便秘になりやすい食生活=ガンになりやすい食生活であるのは事実。ガンの発生は食生活に大いに関係しているので、便秘にならない食生活を心掛けることで、ガンになるリスクを低くすること...

≫続きを読む

便秘と冷え症は関係がある?

自律神経バランスの乱れ便秘も冷え症も自律神経のバランスの乱れによる、血行不良と関係があると思われます。緊張モードが続くことで、血管が収縮して血液の循環が悪くなってしまいます。特に末端まで血液が巡りにくくなってしまい、手足の冷えを感じる人が多いのです。               入浴効果全身の血行を...

≫続きを読む

女性は便秘になりやすい?

黄体ホルモンの影響女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。黄体ホルモンには腸の動きを鈍くする作用もあるため、黄体ホルモンの分泌が増える排卵後〜生理の間は、腸のぜん動運動が鈍くなって便を排出しにくくなります。そのためこの時期に便秘に悩む女性は多いのです。毎回生理前の10日前後に便秘にな...

≫続きを読む

便秘とダイエットの関係は?

ダイエットのやり方に問題がダイエットで便秘になる、という人はとても多いのです。これはダイエットによって、食べる量を極端に減らしてしまうことによるものがほとんど。ある程度の量を食べないと、便の量が減ってしまい、便秘になりやすくなります。ダイエットすることで便秘になり、かえって太ってしまうというのでは、...

≫続きを読む


便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く