腸内細菌、善玉菌と悪玉菌

スポンサードリンク

細菌の住まい 腸には菌がいっぱい

スポンサードリンク

腸からの中は細菌だらけと言われています。
100兆も腸内細菌が働いていますが、その中には善玉菌と悪玉菌がひしめいています。
その特徴として、全体数が変わらず、善玉菌と悪玉菌の比率が増減しているようです。

 

文字通り善玉菌の方が良い奴で、体の健康を整える事になり、腸内細菌としては、断然多くなってほしい細菌になります。
ですから、善玉菌を増やすことが大切です。
かといって、悪玉菌がゼロになることはまずありません。
あくまでもバランスを保つことがポイントになります。

善玉菌とは?

腸内には大きく分けて

 

血糖値 ビフィズス菌に代表される善玉菌
血糖値 ウェルシュ菌に代表される悪玉菌
血糖値 どちらにもなる日和見菌  の3種類があります。

 

日和見菌は食べ物や体調によりどちらにも傾く菌のことで、この天文学的数に住むこれらの細菌が、種類ごとに勢力争いをしています。

 

血糖値腸内細菌の善玉菌は、腸内を酸性にする力を持っています

 

酸性になると、外部からの有害物質や菌をおさえこことができます。
そして、免疫機能を高めると共に、いち早く老廃物を外に外に出すことに成功します。
ヨーグルトなどに多く含まれているビフィズス菌や腸球菌、ユウバクテリウムなどがあります。

 

食物繊維も善玉菌を増やすと言われています。
毎日口の中に入れる食べ物の中で、善玉菌を気にして食べることで、確実に増やすことができます。

 

血糖値腸内細菌の悪玉菌は、アルカリ性に腸内をしてしまいます

 

アルカリ性と言えば大腸菌やウェルシュ菌などが住みやすくなり、腹痛の原因になります。
腸内に残った老廃物を腐敗させたり、有害物質に取り付いて数を増やすことになります。
また、発がん物質を作り出すなど、悪玉菌が増えるだけで病気になってしまうと言われています。
単なる腹痛や便秘だけではなく、重篤な病因になってしまうこともあり、実はとても恐ろしい存在なのです。

スポンサードリンク

腸内細菌、善玉菌と悪玉菌関連ページ

きれいな腸・汚れた腸
腸内環境とよく耳にしますが、腸内環境とは大腸のことを指す事が多いです。大腸は、主に水分を吸収する場所で、最も細菌が多く住み着いている部分です。
大切な腸の機能
腸の機能がよいということは、健康だということになります。人間は食べ物を食べた時に、おいしいということと満腹感を得ます。
腸は第二の脳
大抵人間の活動の基本は脳にあり、命令をされて動いていますが、腸は脳や脊髄から独立して働くので、第2の脳と言われています。
腸内が汚れるとどうなる?
腸内が汚れると、腸内環境が悪くなるばかりではなく、栄養の吸収が悪くなってしまいます。腸内が汚れる?
便でわかる腸の健康状態
便の主な材料は腸内細菌の死がい、栄養を吸収し終えたカスなので、腸内環境がはっきり反映します。 便の量、形、色、やわらかさ、においを観察すると、腸の健康状態を推察できます。 便と同様、オナラにも腸内環境が反映します。日ごろから肉中心の食生活をしている人のオナラはくさいものです。

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く