大切な腸の機能

スポンサードリンク

腸が元気だと健康になる

スポンサードリンク

腸の機能がよいということは、健康だということになります。
人間は食べ物を食べた時に、おいしいということと満腹感を得ます。
しかし、それらの食べ物は、そのまま栄養になるのではなく、胃や腸で体に適正な形に変えられていきます。

 

そして、腸が、必要な栄養素を選んで吸収させることになりますから、腸の機能いかんによって、健康が左右されるといっても良いでしょう。
ですから、いつも腸の機能は万全にしておくことが良いとされています。
腸は、何か食べ物が入ってきた、腸ないに何かがあるとひたすら働き続けます。
食べ物を食べたとき、ダイレクトに行くのではなく、胃の中である程度分解される時間がありますから、すぐに腸に行くわけではありません。

腸で食物繊維が活躍する

食物繊維の場合は、胃の中での分解が必要ないといっても、胃の中で他の食べ物が分解中では通ることができません。
順番を待つわけですが、口の中である程度の大きさになることで、腸での活躍が始まります。

 

腸に入った食物繊維は、そのまま吸収することなく、腸の老廃物を見つけて、体外に出ようとします

 

このときも機能がしっかり働くことで、その速度が速まると思ってください。
腸内での栄養の吸収やうまく老廃物が出ているかどうかを知るためには、やはり便の様子を観察するのが一番でしょう。

 

便秘はもちろんですが、下痢をしていないかとか、食べているのに体重が増えない(ダイエット以外)、お腹がはる、むくみなどがある場合には、腸の機能がうまく言っていないことが良くあります。
そんな時こそ、食物繊維を食べるようにしてみてください。
それで、機能が回復することもあります。

スポンサードリンク

大切な腸の機能関連ページ

きれいな腸・汚れた腸
腸内環境とよく耳にしますが、腸内環境とは大腸のことを指す事が多いです。大腸は、主に水分を吸収する場所で、最も細菌が多く住み着いている部分です。
腸は第二の脳
大抵人間の活動の基本は脳にあり、命令をされて動いていますが、腸は脳や脊髄から独立して働くので、第2の脳と言われています。
腸内細菌、善玉菌と悪玉菌
腸からの中は細菌だらけと言われています。 100兆も腸内細菌が働いていますが、その中には善玉菌と悪玉菌がひしめいています。
腸内が汚れるとどうなる?
腸内が汚れると、腸内環境が悪くなるばかりではなく、栄養の吸収が悪くなってしまいます。腸内が汚れる?
便でわかる腸の健康状態
便の主な材料は腸内細菌の死がい、栄養を吸収し終えたカスなので、腸内環境がはっきり反映します。 便の量、形、色、やわらかさ、においを観察すると、腸の健康状態を推察できます。 便と同様、オナラにも腸内環境が反映します。日ごろから肉中心の食生活をしている人のオナラはくさいものです。

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く