きれいな腸・汚れた腸

スポンサードリンク

腸内環境を良くしよう

スポンサードリンク

腸内環境という言葉は大腸のことを指す事が多いです。大腸は主に水分を吸収する場所で、最も細菌が多く棲みついている部分。

 

細菌は、入ってきた分解された食べ物をさらに酵素の力で持って分解します。その細菌は100兆はあると言われているますが、良い細菌は善玉菌、悪い細菌は悪玉菌と呼ばれ、善玉菌が多ければ多いほど、腸内環境が良く、分解する力が大きいということになります。

 

食物繊維などは、この善玉菌を増加させると言われていますので、ですから、食物繊維を食べるだけでも腸内環境は良くります。

 

きれいな腸とは

腸内環境が良いか悪いかというのは、体の調子で分かりますが、特に便の様子で一目瞭然です。
便秘ではないというのが、腸内環境がよい証拠です。

 

  / きれいな腸・汚れた腸はここが違う!

/ 粘膜がきれい
ひだ状になっている大腸の内側の粘膜。ここには多くの腸内細菌が棲みついています。元気に働いている腸は粘膜がきれいなピンク色。強い下剤などを乱用したりすると、腸の粘膜が変性し、黒ずんでしまいます。

 

/ 動きがしなやか
大腸の動きである「せん動運動」は、べんをしぼり出すように先へ先へと送り込む運動。「分節運動」は大腸の動きにより分節状に区切られ、便から水分などを吸収していく運動。きれいな腸は動きがしなやか。

 

/ 古い便がたまっていない
食べ物により便が大腸を通過するのにかかる時間は多少異なりますが、大腸に留まっている時間が長くなると、水分が吸収されるために便がかたくなっていきます。時間がたってコチコチになった便が、さらに排便を困難にし、古い便をためてしまう悪循環がおこります。

 

 

出てくる便が悪臭だったり、理想的なバナナ以外の場合は、腸内環境はどうかな?と疑ったほうが良いかもしれません。
また、おならの悪臭というのも、腸内環境がわるくなっていることから、下痢や便秘ばかりではなく、便の様子も伺ってみてください。
腸の中で、悪玉菌が増えると、腸で本来キレイにされるはずの老廃物が残ってしまいます。

 

実は、それが悪臭の根源であり、腸内環境を悪化させているのです。
悪玉菌は発酵させますから、臭いはどんどんきつくなっていって、おまけに便秘になってしまうわけですから、体調はもちろんのこと、肌も最悪の結果になります。
腸内環境が悪いだけで、健康そのものを左右させることになりますから、常に善玉菌を増やす努力をしましょう。

 

それには、毎日の食物繊維。これだけでもOKなんです。

スポンサードリンク

きれいな腸・汚れた腸関連ページ

大切な腸の機能
腸の機能がよいということは、健康だということになります。人間は食べ物を食べた時に、おいしいということと満腹感を得ます。
腸は第二の脳
大抵人間の活動の基本は脳にあり、命令をされて動いていますが、腸は脳や脊髄から独立して働くので、第2の脳と言われています。
腸内細菌、善玉菌と悪玉菌
腸からの中は細菌だらけと言われています。 100兆も腸内細菌が働いていますが、その中には善玉菌と悪玉菌がひしめいています。
腸内が汚れるとどうなる?
腸内が汚れると、腸内環境が悪くなるばかりではなく、栄養の吸収が悪くなってしまいます。腸内が汚れる?
便でわかる腸の健康状態
便の主な材料は腸内細菌の死がい、栄養を吸収し終えたカスなので、腸内環境がはっきり反映します。 便の量、形、色、やわらかさ、においを観察すると、腸の健康状態を推察できます。 便と同様、オナラにも腸内環境が反映します。日ごろから肉中心の食生活をしている人のオナラはくさいものです。

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く