便でわかる腸の健康状態

スポンサードリンク

便は腸内を映し出すモニター

スポンサードリンク

便の主な材料は腸内細菌の死がい、栄養を吸収し終えたカスなので、腸内環境がはっきり反映します。
便の量、形、色、やわらかさ、においを観察すると、腸の健康状態を推察できます。

 

便と同様、オナラにも腸内環境が反映します。日ごろから肉中心の食生活をしている人のオナラはくさいものです。
悪玉菌が多い人は、腸にガスがたまって苦しくなったり、オナラがたくさん出たりします。

 

一方、腸内に善玉菌が多い人のオナラは、音が大きいわりには悪臭がほとんどありません。

便からわかる、こんなこと

 

黄色〜黄褐色

善玉菌が多い腸で、黄色に近いほど理想的な色

茶色

善玉菌の数はまずまずの状態

緑色

食べ物や薬物の影響。下痢の場合は食中毒の疑いもあり

濃い茶色〜黒色

肉中心の食事、長期便秘による腐敗便

黒色

イカスミなどの食べ物や服用中の薬の影響。上部消化管から出血の疑いも

赤色

肛門、直腸からの出血

灰色

造影剤の排泄。肝臓、すい臓、胆のうの病気の疑いも

 

形状

水様状・どろ状

下痢〜軟便。血便の場合は受診する

バナナ状

健康的

半練り状

健康的

コロコロ状

黒っぽく、臭いが強ければ悪玉菌が多い

 

多い

バナナ状、半練りならOK

少ない

食物繊維が不足している

 

におい

きつい悪臭

悪玉菌が増えている証拠。便秘が続いているなら腐敗便の疑いあり。肉中心の食事の人は便のにおいが強い

ほどほどの自然臭

善玉菌優位の腸内環境。理想的な便の臭いを称して
“たきたてのご飯のにおい”という専門家も

 

 

スポンサードリンク

便でわかる腸の健康状態関連ページ

きれいな腸・汚れた腸
腸内環境とよく耳にしますが、腸内環境とは大腸のことを指す事が多いです。大腸は、主に水分を吸収する場所で、最も細菌が多く住み着いている部分です。
大切な腸の機能
腸の機能がよいということは、健康だということになります。人間は食べ物を食べた時に、おいしいということと満腹感を得ます。
腸は第二の脳
大抵人間の活動の基本は脳にあり、命令をされて動いていますが、腸は脳や脊髄から独立して働くので、第2の脳と言われています。
腸内細菌、善玉菌と悪玉菌
腸からの中は細菌だらけと言われています。 100兆も腸内細菌が働いていますが、その中には善玉菌と悪玉菌がひしめいています。
腸内が汚れるとどうなる?
腸内が汚れると、腸内環境が悪くなるばかりではなく、栄養の吸収が悪くなってしまいます。腸内が汚れる?

便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く