便秘解消!スッキリ便秘を改善する方法

スポンサードリンク

毎日出るのが普通?

便秘

便秘とは病名でなく、症状を表す言葉です。自然排便の乱れ、ベンが非常に長い時間腸にとどまって排泄されず、そのためにおなかが張ったり痛かったり、ベンがかたくて出すのに苦痛だったりして不快感がある状態を、一般的には便秘と呼んでいます。

 

大体の人は2〜3日ベンが出ないと便秘を自覚するようです。毎日出るのが普通だと思い込んでいる人もいます。それぞれの体質には個人差があるので、毎日排便しなければとこだわる必要はありません。

 

たとえ3日に1回でも、何の苦痛もなく出て、スッキリしたという満足感があれば便秘とは言わないのです。反対に毎日出ても、痛みや残便感があったり、薬を使って出しているようでは、便秘じゃないとはいえません。

 

また「ベンがやわらかいから便秘ではない」というのも間違い。便秘と下痢は表裏一体、同様に腸の異常によって起こる症状です。3日に1回のペースでもいいので、気持ちよく排便できるかどうかが重要なのです。

 

あなたの排便チェックをしてみてください

/ 排便の間隔が3日以上空く
/ 排便したのにまだ出るような感じがする
/ なんとなくいつもおなかが痛い
/ 便意は感じるのに、かなりいきまないと出ない
/ 便がウサギのフンのようにコロコロ

このうちひとつでも当てはまるようなら、便秘と考えたほうがいいです。


便秘は体の注意信号

おなかの張りや痛みは、腸の中のガスによるものです。これらのガスが、便秘によって出ていくことができなくなって、おなかの張りや痛みがおこるのです。

 

またお肌のトラブルも便秘と同じく自律神経の動きが低下し、新陳代謝が悪くなった結果おこるとされています。頭痛や肩こり、口臭も便秘の人が多く訴えている症状ですが、その因果関係はよくわかっていません。しかし便秘が長く続くと、大腸ガンなど大きな病気につながることもあります。

 

このサイトでは便秘の原因、改善方法そして腸の仕組みなど、いろいろな角度から便秘についてみてゆきます。便秘は体の注意信号として、しっかり受け止めましょう。美容効果にも役立ちますよ。改善されるよう日々の生活に注意してください。

 

 

 

スポンサードリンク


便秘の原因 改善方法 腸の基礎知識 食物繊維の力 「ごぼう茶」が効く